大学用ノーパソ変えた

月1ぐらいで流石に更新しないとまずいと思ったので、少し小ネタですが記事を書きます。

ちなみに今月末にはミリシタ1周年ということで僕のプロデューサー歴を振り返った記事を書こうと思ってます。それまで待っても良かったのですが、流石に期間が空きすぎるのでこういう記事を書くことにしました。

この記事はTwitter側への自動投稿をしてません。そのぐらいの小ネタです。

 

今まで大学用のPCは入学時に買ってもらったMacBook Pro 13inch Early 2015を使ってました。

それもmacOSではなく、Windowsで運用してました。

iOSアプリの開発とか出来たら便利かなーぐらいで買ってもらったのですが、今まで使ってきたPCが全てWindowsだったので、使ってるうちにどんどん不便なところを感じて1年ぐらいでWindowsにしました。ちなみにmacOSは綺麗サッパリ消してました。

ですけど、Windowsを入れてもトラックパッドのマルチタッチが使えないし、キーボードのキーが足りない(Print Screenとかが無い)とかで結構不便に思ってました。僕的にスクショ撮るときにPrint Screenは必須なので…

あと、重量が重すぎるのも感じてました。13インチなのに約1.6kgは流石に重すぎます。性能が特別いいわけでもないのに…

で、その結果CF-J10を買ったのですが、流石に大学で使うには小さすぎました。あと、分厚い。

ということでずっとまともなWindowsノーパソを求めてました。Mi Notebook Air 13.3とかが割といい感じに思ってたのですが、US配列ということでやめました。

その結果、僕が買ったのがこちら

日付がもう2週間以上前になってますw

はい、VAIO Pro 13を買いました。VAIO株式会社になってから初めて出たモデルです。

また中古のマシンにしてしまいました。流石に新品を買えるほどのお金はありません。
(ちなみに先月からバイトを始めたのとクレカを作ったので割とお金に余裕が出来ました。これもすべてアイマスのためではあるのですがw)

ただ、ちょっと誤算がありまして

これは来た日の晩に一度中を開けた画像です。左上にSSDが積んであるのですが、なぜかLenovo純正品に交換されてました。それもSATA接続…

元々PCIe x4接続のNVMe SSDだったのが交換されていて、速度が落ちてたんですよね。まあ気になるほどでは無いので放置してます。お金が出来たら適当に交換します。

キーボードはWindowsマシンなのできちんとしています。また、タッチパッドもドライバーを入れ替える必要がありますが、Windows 10の高精度タッチパッドに対応させることが出来たので満足です。やっぱりマルチタッチで仮想デスクトップの切り替えが出来るのは便利です。

あと、やっぱり重量ですよね。タッチパネル非搭載モデルなので1kg切ってます。こんだけ軽いとiPadと合わせてもMBP以下になります。カバンがとても軽くなりました。

ということで超満足してます。CPUの性能が第4世代なので落ちましたが、最近はそこまで重い処理をさせなくなったので十分です。

現役引退をしたMBPには今はmacOSを入れ直して、UnityでARKitを扱うアプリを作ってます。

こんな感じでアイドルを現実世界に出せたらなーとかとか
ちなみにこのモデルは「ひいらぎ式天海春香」を使用しています。

 

やっぱり持ち運びするPCは軽いほうがいいです。ちょっと強度に心配があるのですが…

では、次はミリシタ1周年記事で

投稿者: 赤西 真論

人生に疲れたどこかにいるオタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください