Macbook Airを買った(ゲーム編)

前回の続きとなります。今回はM1 Macでゲームを動かしていきます。
まあ、僕の動かすゲームなんてあれしかないですよね。ミリシタとエロゲですw
では、やっていきましょう。

ミリシタ(iOS)

まずは普通に動くものからです。iMobie M1 App Checkerを使えばダウンロード出来て、普通に起動します。ただ、iPad版になってしまうので4:3です。これ、どうにかしてiPhone版が動かないか試行錯誤したいです。
ウィンドウサイズはフルスクリーンにするかどうかしか選べません。

ミリシタ(Android)

前回紹介したAndroidエミュレータで動かしてみます。
まず、インストール方法です。Playストアは存在しないので、adb installを使いました。adbは開発者オプションでUSBデバッグを有効化すれば即使えるようになります。
今回はapkを引っこ抜くのが面倒だったので、ミリシタHQを利用しました。
起動結果としては、普通に起動します。HQは32bitだった気がするのですが、動きますね。

MVを動かして見た感じ、13人モードまでなら全く問題なく動きます。ただ、39人モードは30fps出てるかどうかぐらいです。こればっかりはしょうがないかなと。
フルスクリーンに出来たらベストなんですけど、そんなオプションはなさげです。解像度はエミュレータのappを漁れば設定ファイルが存在するのでそれを編集します。

エロゲ(Windows)

次はParallels Desktopに入れたWindows 10でエロゲを動かします。
重いですが、普通に動きます。特に問題ないです。1つしか動かしてませんがw

エロゲ(CrossOver)

さあ、本領発揮です。Wineを使って動かします。
ただ、macOSのWineは32bitアプリが動かなくなってるらしいので、CrossOverを利用します。こちらは32bitアプリを動かせます。
CrossOverは有料アプリですが、ソースコードが公開されているので自分でビルドすれば無料で使えます。下の記事を参考にビルドしました。必要なパッチも載っているのでオススメです。

M1 MacでのCrossOver Wine 20.0.2のソースコードのビルドと実行 – Qiita

CrossOver版Wine

WindowsアプリケーションをLinuxやmacOS上で動作させることができるWine というソフトがあります。また、Wineの主要な開発者が関わっているCodeWeavers社が商用版のWine…

ちなみに途中のmakeはmake -j 4とすれば速くなります。4を指定しないと大変なことが起こるので気をつけましょう。


さて、ビルドできたらwine32on64を利用して起動していきます。今回は体験版3本、製品版1本しか動かしてないです。もっと他のエンジンがあることは分かっています。NeXASとかCatSystemとかYU-RISとかFVPとか…
結果はこちら。

  • かけぬけ★青春スパーキング!(吉里吉里Z)
    問題なく動作しますが、タイトル画面の音がおかしいです。プレイを開始すると問題ありません。
  • フローラル・フローラブ(Siglus Engine)
    これのみ製品版で、問題なく動作します。動画再生時は毎回エラーが出ます。
  • ねこツク、さくら。(BGI)
    動きません。メモリー不足エラーが出ます。
  • 青春フラジャイル(CMVS)
    問題なく動作します。ただし、ウィンドウが小さいです。

かけぬけ★青春スパーキング!はこんな感じです。

初期状態だとRetinaに対応できておらず、ウィンドウサイズに対して表示が小さいという問題が発生します。
これを回避するためにはレジストリに以下の設定を書きます。wine32on64 regeditでregedit.exeが起動します。
HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Wine¥Mac Driver -> RetinaMode: Y
わかりにくい表記ですが、Wineの下に新規キーとしてMac Driverを作り、その中で文字列値としてRetinaModeを作成、値をYにします。
すると表示とウィンドウサイズが一致するようになります。ただ、Dot By Dot表示になるので表示が小さくなります。CMVSがその例です。
吉里吉里Zはウィンドウサイズが自由に変更可能、Siglus Engineは200%表示するといい感じになります。
なかなか厳しい感じがします。設定も含めて検証がもっと必要ですね。dotnetもインストールするとエラーになるんですよね。

原神(iOS)

最後に他とは違うゲームを動かします。原神のiOS版が1.3でコントローラーに対応したらしいので、Macでも使えるのかやってみました。ちなみにこれもApp Storeに無いので自分でipaを入れる必要があります。
結果としては問題なく使えます。原神はmacOS版が存在しませんが、これであればネイティブで動かせます。ただ、iPad表示の4:3でしかプレイ出来ませんが…

 
ゲーム動作確認がこんなもんです。僕の興味があるものしか動かしていませんw
色々検証は続けていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です